QLOOKアクセス解析

今度は、富士フイルムのXQ1で競馬を撮ってみた。

FinePixF1000に引き続き、今度は富士フイルムのXQ1で競馬を撮ってみた。

Xシリーズのコンパクト版でいいのかな(^^ゞ
金属ボディにサイズ相応のちょうどいい重さで手に持ったときのフィーリングがとても良いです。
背面ダイヤルとコントロールリングの使い勝手がとても良いのでカスタマイズ次第では、自分に合った撮影
スタイルができると思う。
このコントロールリングには露出補正など数種類の機能を割り当てることができる。
私の場合は、露出補正に設定したので、イメージ通りに素早く撮影する事ができた。

話が前後してしまうが、起動時間はF1000同様素早く起動する。
撮りたいなと思ったらすぐ撮れるのでストレスなく思いの通りの写真が撮れると思う。

AFも早い。追尾機能を上手く使えば動体の撮影も難なく撮影できそうな印象を受けた。

さて、画質ですがローパスレスという事でF1000に比べれば解像感が高い。
使用しているオールガラスレンズの恩恵もあるだろうと思う。

一眼レフとどうしても比べてしまうが、コンパクトさと手軽さを考えると画質などを考えると、
かなり欲しい1台ですね(*^O^*)

ISO3200 A4サイズまでなら十分な画質と性能と感じました。

DSCF0170 DSCF0178 DSCF0187 DSCF0189 DSCF0192 DSCF0195 DSCF0196

 


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。